Carpe Diem

  Top >  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

INDEX の効果を確認する

2014 - 08/20 [Wed] - 12:58

DB高速化で INDEX を貼るという選択肢がありますが、初心者にはどれくらい効果があるかなんてわからないですよね。
なので一度確認方法含めて紹介します。

◆DB&テーブル作る


mysql> create database test;
mysql> use test;
mysql> create table index_test (
-> id int(10) unsigned not null auto_increment,
-> school int(10) unsigned not null,
-> data varchar(100) not null,
-> updated_at int(10) unsigned not null,
-> primary key(id));

◆「INDEX の効果を確認する」の続きを読む◆

FlatBuffers を使ってみる2

2014 - 08/18 [Mon] - 14:31

今度はネストしたテーブルを使ってみます。
ネストしないシンプルなテーブルに比べてちょこちょこ落とし穴があるのでご注意下さい。

◆例1(テーブルのみの場合)
こちらは簡単です。以下のように作ります。
・メインテーブル:Parent
・サブテーブル:Child1, 2, 3

◆「FlatBuffers を使ってみる2」の続きを読む◆

FlatBuffers を使ってみる

2014 - 08/15 [Fri] - 23:51

FlatBuffers は ProtocolBuffers の後継として Google が開発したシリアライズライブラリです。
GooglePlay にも使われているそうです。

◆事前準備
必要なパッケージをインストールしておきます。

$ sudo aptitude install g++ cmake

ファイルをダウンロードしてきます。

$ git clone https://github.com/google/flatbuffers.git
$ cd flatbuffers/

◆「FlatBuffers を使ってみる」の続きを読む◆

トランザクションの動作を確認してみる

2014 - 08/15 [Fri] - 10:23

よくACID特性って聞くけど、Iの独立性ってどうなってるんだろうと思っての動作確認です。

◆事前準備
データベースとテーブルを作っておきます。


mysql> create database transaction_test;
mysql> use transaction_test;

mysql> create table user(
-> id int(10) unsigned not null,
-> money int(10) unsigned not null,
-> PRIMARY KEY(id));

◆「トランザクションの動作を確認してみる」の続きを読む◆

Yeoman を使ってみる

2014 - 08/13 [Wed] - 21:36

Yeomanは簡単にいうと「今風のWebアプリのための土台/基盤を作ってくれるツール」です。PHPやRubyのscaffoldと似た感じです。

Yeomanは以下の3つのツールをまとめたものです
Yo・・・ひな型生成ツール
Bower・・・JavaScriptライブラリ依存管理
Grunt・・・タスクランナー


まずはこれらをインストールしておきます。

◆「Yeoman を使ってみる」の続きを読む◆

« | ホーム |  »

プロフィール

Cicatrice

Author:Cicatrice
備忘録

検索フォーム

カテゴリ

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。