Carpe Diem

  Top > スポンサー広告> Subversion > Redmineの導入[トラブルシューティング]  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Redmineの導入[トラブルシューティング]

2011 - 11/16 [Wed] - 12:02

前回はサーバ版でインストールした場合でした。
今回MySQL等入れていないデスクトップ版(10.04)でそれぞれインストールから試したところ色々問題があったのでメモ。デスクトップ版でも11.04の場合前回のやり方でいけました。

試したのは
MySQL→phpmyadmin→Passenger→Redmine
と前回の通り。

するとhttp://localhost/redmineで

Ruby on Rails application could not be startedとなり

エラーで
Permission denied - /etc/redmine/default/session.yml

と言われる。session.ymlのグループがwww-dataなので/etc/apache2/mods-available/passenger.conf に以下の記述を加えました。

PassengerDefaultUser www-data

すると今度はエラーで
undefined method `version_requirements' for #<gem::dependency:0xb6d4c784>

ん?そもそもRuby on Railsちゃんと入っているのか?と思ってインストールを始める。

# apt-get install ruby1.8 rubygems
# gem install rake
# gem install rails

で、エラーが起きる。
どうやらgemのバージョンが低いらしい。

$ sudo gem install rubygems-update
$ sudo /var/lib/gems/1.8/bin/update_rubygems
$ sudo gem install rails

またエラー今度は
extconf.rb:36:in `require': no such file to load -- mkmf (LoadError)

これはrubyの開発版があればいいらしい。
$ sudo apt-get install ruby1.8-dev
$ sudo gem install rails

で、とりあえずrailsのインストールはできた。(?)

で、もう一度http://localhost/redmine
を見てみるとまた
undefined method `version_requirements' for #<gem::dependency:0xb6d4c784>

どうしてだろう?とRedmine公式ページを見てみるとRubyが1.9とかRackが1.2とかRailsが3とかはダメらしい。
Rubyは1.8だけどRailsは3だしRackは入れてないので改めてインストール。
$ sudo gem install rake -v=0.8.7 --no-rdoc --no-ri
$ sudo gem install rails -v=2.3.5
$ sudo gem install rack -v=1.0.1

しかしまだエラーが消えない。さらにググるとgemのバージョンが1.4.2じゃないとダメらしい。
# gem update --system 1.4.2

そしたらまた別のエラー
undefined method `full_name' for nil:NilClass

これRedmine関係あるのか?

もうこのサイトに沿ってやる↓
http://blog.redmine.jp/articles/redmine-1_2-installation_centos/

i18n 0.4.2のインストール
# gem install i18n -v=0.4.2 --no-rdoc --no-ri

Ruby用MySQLドライバのインストール
# gem install mysql --no-rdoc --no-ri

Passenger"(mod_rails for Apache)をインストールします。
# gem install passenger --no-rdoc --no-ri

で、あとconf.dにpassenger.confのファイルを作成してみて
# emacs -nw /etc/httpd/conf.d/passnger.conf

# Passengerの基本設定。
# passenger-install-apache2-module --snippet を実行して表示される設定を使用。
# 環境によって設定値が異なりますので以下の3行はそのまま転記しないでください。
#
LoadModule passenger_module /usr/local/lib/ruby/gems/1.8/gems/passenger-3.0.9/ext/apache2/mod_passenger.so
PassengerRoot /usr/local/lib/ruby/gems/1.8/gems/passenger-3.0.9
PassengerRuby /usr/local/bin/ruby

# Passengerが追加するHTTPヘッダを削除するための設定。
#
Header always unset "X-Powered-By"
Header always unset "X-Rack-Cache"
Header always unset "X-Content-Digest"
Header always unset "X-Runtime"

# 必要に応じてPassengerのチューニングのための設定を追加。
#
PassengerMaxPoolSize 20
PassengerMaxInstancesPerApp 4
PassengerPoolIdleTime 3600
PassengerUseGlobalQueue on
PassengerHighPerformance on
PassengerStatThrottleRate 10
RailsSpawnMethod smart
RailsAppSpawnerIdleTime 86400
RailsFrameworkSpawnerIdleTime 0

apache再起動してみるとエラーが起きるから消して。
で、改めてweb見てみると出来てました。
意味が分かりません。まぁいいか。


Redmineのパスワードを忘れた。
MySQLにアクセス出来れば解決できます。
MySQLでrootでログイン

redmine_default

users

ここに登録情報があります。
自分のIDを見つけたら、後ろの方にある「salt」をコピーしておきます。今回はsaltは
9bc9c5f3bc17036fa9ce5fac38665412a04c2fd4
とします。

で、新しいパスワードを仮に「hoge」としたら、

$ echo -n "hoge" | sha1sum
31f30ddbcb1bf8446576f0e64aa4c88a9f055e3c

で、今度はさっきの「salt」の文字列と、上のSHA1でハッシュ化されたものをくっつけてさらにSHA1でハッシュ化します。
$ echo -n "9bc9c5f3bc17036fa9ce5fac38665412a04c2fd431f30ddbcb1bf8446576f0e64aa4c88a9f055e3c" | sha1sum
0b29ae2647b03717089619ec70dff1e6914ababf

この値をMySQLのデータベースのhashed_passwordに入れれば、自分のIDとhogeパスワードでログインできます。


ソース:
UbuntuにRedmineを入れてみた
Ubuntu 10.04 LTSにRuby on RailsとかSQLite3とかをまとめて入れてみたのでとりあえずざっくりとメモ
gemでインストールを行おうとしたときに no such file to load -- mkmf (LoadError)
Redmine 1.1をCentOS5.5にインストールする手順

Add salt to user passwords

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

プロフィール

Cicatrice

Author:Cicatrice
備忘録

検索フォーム

カテゴリ

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。