Carpe Diem

  Top > スポンサー広告> サーバ監視・アクセス解析 > Muninの設定  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Muninの設定

2011 - 10/24 [Mon] - 18:50

のばしのばしになっていたMuninの設定です。
インストールは簡単ですが、cronが動かず表示されない?ってことで以前はつまってました。
あとディレクティブ設定がきちんとなっていなかったのも原因のひとつですね。

では以下インストールから

$ sudo apt-get install munin

インストールしたら、munin-nodeというプログラムが起動しているかどうかを調べます。

$ ps -A | grep munin-node

もし起動していない場合は下記の要領で起動しておきましょう。

$ sudo /etc/init.d/munin-node start

Munin自体はデフォルトのままでも使用できますが、 Muninが /var/www/munin/ に生成したグラフのファイルをブラウザから見れるように、Apacheに以下の設定を追加します。

Alias /munin/ /var/www/munin/
<Directory "/var/www/munin">
    SSLRequireSSL
    Options Indexes +SymLinksIfOwnerMatch MultiViews ExecCGI
    AllowOverride FileInfo AuthConfig Limit Indexes
    Order deny,allow
    Allow from all
</Directory>


設定したら Apache を再起動します。5分ぐらい待ってから http://yourhost/munin/ をブラウザで開くとOKらしいのですが、僕の場合ではここでうまくcronが動かずちゃんと表示されませんでした。なので以下のコマンドを入力しておけば確実です。

$ sudo -u munin munin-cron

となります。

またMuninの設定として、/etc/munin/munin.confにてドメイン名を修正しておくといいです。

#[localhost.localdomain]
[hogehoge.com]

Muninのhtmlの出力先を変更する場合はApacheの設定だけでなく、このmunin.confで
#htmldir    /var/www/munin
htmldir    /home/www/munin


のように修正します。

apacheの監視で80番ポート意外、例えば443(ssl)ポートを監視する場合には/etc/munin/plugin-conf.d/munin-nodeを編集します。

$ sudo emacs -nw /etc/munin/plugin-conf.d/munin-node

[apache*]
#env.ports 80
env.ports 80 443

[apache*]がそもそもなければ追記してください。

全て終わったら再起動

$ sudo /etc/init.d/munin-node restart


※ついでに
ソース先のディレクティブ設定で
Order allow,deny

とありました。Muninに認証を付けようとした際、これに非常に苦労させられました。
先に書いた
Order deny,allow
と何が違うのかというと、
Order allow,deny     許可してから拒否
Order deny,allow     拒否してから許可


より具体的に言うと
上は「全てを許可」してから「特定のアドレスを拒否」
下は「全てを拒否」してから「特定のアドレスを許可」

となります。なので
Order allow,deny
してしまうと、追記したものは基本Forbiddenされます。Request valid-userではダメなんです。
なのでこの部分を
Order deny,allow
して「特定のアドレスを許可」の一つとしてRequest valid-userという形で書いておけばちゃんと拒否されずに表示されました。

ソース:
Muninでサーバのリソース監視
muninのインストール
アクセス制限の記述(Order, Allow, Deny)

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

プロフィール

Cicatrice

Author:Cicatrice
備忘録

検索フォーム

カテゴリ

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。