Carpe Diem

  Top > スポンサー広告> MySQL > MySQLの設定  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MySQLの設定

2011 - 05/08 [Sun] - 21:30

珍しくすんなり終わりました。

ちなみにUbuntu serverでインストールするときに、SQLもインストールで選んでたら以下の手間なインストールは避けられます。


$ sudo apt-get install mysql-server

rootのパスワードの設定を求められるので、何か打つ。MySQLにログインするときに使う。

/etc/mysql/my.cnf に以下の行を追加して,データベースの環境を UTF-8 にする。
(MySQLサーバの文字コードをUTF-8に)
[mysqld]
default-character-set=utf8


※MySQL5.5以降では上記では再起動時にエラーになる。
character-set-server=utf8

とする。クライアント側は default-character-set のまま


↓最終行に追加(MySQLクライアントの文字コードをUTF-8に)
[mysql]
default-character-set = utf8



以下のコマンドを実行して, MySQL を再起動する。
$ sudo /etc/init.d/mysql restart

ApacheやPHPのインストール。これも初期インストールですでにやってくれてます。
sudo apt-get install apache2 php5 libapache2-mod-php5


CUIでログインするときは
$ mysql -u root -p
Enter password:   # インストール中に設定したrootパスワード入力


# ユーザ情報表示
mysql>
select user,host,password from mysql.user;



もしCUIログインで
Access denied for user 'root'@'localhost'

と怒られる場合は、なぜかパスワード設定がおかしくなっているので「MySQL のパスワードのリセット」を参考に設定しなおしてください。


次にブラウザで見るとき(GUI)

まずサーバ側にphpMyAdminをインストールする。これはUbuntuServerの初期インストールでも入ってませんでした。

$ sudo apt-get install phpmyadmin

apache2にスペースでチェック

[※]apache2
[ ]lighttpd


で、OK

「はい」「いいえ」の選択がでるけど、必要ないらしいので「いいえ」で。これよく分かってないので適当です。

$ sudo emacs -nw /etc/apache2/conf.d/phpmyadmin.conf

# 8行目あたりに以下追記

Order deny,allow
Deny from all
Allow from 127.0.0.1 192.168.~.~/24

$ sudo /etc/init.d/apache2 restart
* Restarting web server apache2

これでとりあえずサーバ側の設定は終わり。


次クライアント側からブラウザアクセス。

IEでもFirefoxでも何でもいいので開いてアドレスに

http://(ホスト名)/phpmyadmin/
ホスト名を登録してないならサーバのIPアドレス直打ちでOK

ユーザ名:root
パスワード:(最初に設定したやつ)


でブラウザからアクセスできるようになる。

なんだかおしゃれな感じです。とりあえずインストールのみ。これからデータ管理するときに使って学んでいこうと思います。

ソース:
MySQL 5.5で「default-character-set」が使えず文字化けする→「character-set-server」にするとOK

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://christina04.blog.fc2.com/tb.php/4-a51bbc6d

 | ホーム | 

プロフィール

Cicatrice

Author:Cicatrice
備忘録

検索フォーム

カテゴリ

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。