Carpe Diem

  Top > スポンサー広告> Jenkins > Jenkinsのインストール  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jenkinsのインストール

2013 - 05/27 [Mon] - 21:04

Ubuntu12.04に Jenkins をインストールします。
あらかじめJDKが入っている必要があるのでインストールします。

$ sudo aptitude install openjdk-7-jdk

◆インストール
最新版がインストールされるようにリポジトリの登録からします。

$ wget -q -O - http://pkg.jenkins-ci.org/debian/jenkins-ci.org.key | sudo apt-key add -
$ sudo sh -c 'echo deb http://pkg.jenkins-ci.org/debian binary/ > /etc/apt/sources.list.d/jenkins.list'
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install jenkins

◆設定
$ sudo emacs -nw /etc/default/jenkins
以下を追記
JAVA_ARGS="-Dfile.encoding=utf-8"

JENKINS_ARGSに"--prefix=/jenkins"を追加(URLをサブディレクトリ式にする為)
JENKINS_ARGS="--webroot=/var/cache/jenkins/war --httpPort=$HTTP_PORT --ajp13Port=$AJP_PORT --prefix=/jenkins"

再起動します。
$ sudo service jenkins restart


◆apacheの設定
ポート80でアクセスできるよう、リバースプロクシを導入します。
$ sudo a2enmod proxy
$ sudo a2enmod proxy_http


$ sudo emacs -nw /etc/apache2/sites-available/default
以下を追記します。
    ProxyPass         /jenkins  http://example.com:8080/jenkins
    ProxyPassReverse  /jenkins  http://example.com:8080/jenkins
    ProxyRequests     Off
    <Proxy http://example.com:8080/jenkins*>
      Order deny,allow
      Allow from all
    </Proxy>


再起動します。
$ sudo service apache2 restart


これで
http://example.com/jenkins/
にアクセスすればJenkinsのページが開きます。

お疲れさまでした。


ソース:
Installing Jenkins on Ubuntu
Ubuntu 12.04にJenkinsをインストールしてApacheでポート80で動かす

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

プロフィール

Cicatrice

Author:Cicatrice
備忘録

検索フォーム

カテゴリ

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。