Carpe Diem

  Top > スポンサー広告> 自宅サーバ > 外からサーバにつながるようにする  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外からサーバにつながるようにする

2011 - 05/09 [Mon] - 12:00

※DynDNSは既に有料化しておりこのやり方は使用できません

固定アドレス or 指定ドメイン を有料で取得していれば簡単に外部からアクセスできますが、無料でもできます。

必要なのは

①ダイナミックDNS(DDNS)サービスに登録
②DDNSサービスに自分のIPが変わった時に通知するツールの導入


になります。
DDNSサービスというのはインターネット上のDNSサーバーに、ホスト名(ドメイン名)を登録してくれるサービスです。普通ブラウザのアドレスにはIPアドレスを入れずにホスト名(yahoo.comとか)入れますよね。その紐付けです。IPは覚えにくいし時々変わったりするので、代わりに紐付けしたホスト名を使えるようにしてくれます。

①はメールアカウントの作成みたいな感じで、②はバッファローやNECルータに機能としてついています。ルータがない場合は「DiCE」といった自動通知ツールを導入してください。

今回はバッファロールータを使用するのでDiCEは使用しません。


◆DDNSサービスへ登録

バッファロールータを使用する場合は

・DynDNS
・バッファローDNS


の2つなら②の自動通知ツールを使用できます。なので今回は「DynDNS」サービスを使います。
登録方法は

無料で利用できる Dynamic Network Services(DynDNS.org)への登録

を参考にアカウントの作成、登録をしてください。


◆自動通知ツールの設定

DynDNS バッファロールータへの設定

を参考に設定してください。


外からアクセスできないだろうからVPSとかのレンタルサーバを使おう、と考えている人は一度試してみてください。


ソース:
DynDNS バッファロールータへの設定
DiCE DynamicDNS Client (自宅でインターネットサーバー)

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

プロフィール

Cicatrice

Author:Cicatrice
備忘録

検索フォーム

カテゴリ

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。