Carpe Diem

  Top > スポンサー広告> Ubuntu > 起動時にデバイスを自動マウントする  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

起動時にデバイスを自動マウントする

2013 - 01/16 [Wed] - 22:43

起動時にシステムとは別のHDDを自動でマウントしてほしいなぁって時の方法です。

/etc/fstab/ に記述します。システムとかのマウントもここに書いてあります。

fstabの書式は以下のようになります。
[デバイス] - [マウントポイント] - [ファイルシステム] - [マウントオプション] - [dumpオプション] - [fsckオプション]

実際中身を覗いてみると
$ less /etc/fstab
# <file system=""> <mount point="">   <type>  <options>       <dump>  <pass>
proc /proc proc nodev,noexec,nosuid 0 0
# / was on /dev/sda1 during installation
UUID=b6223f31-4fd6-4ea9-a53e-c33cd1d838c2 / ext4 0 1
# swap was on /dev/sda5 during installation
UUID=763ecd41-c0d7-45ff-bd2b-7c36a61e6299 none swap sw 0 0

と書いてあります。意味としては
UUID=b6223f31-4fd6-4ea9-a53e-c33cd1d838c2 のパーティションを
/ という場所に
ext4 というファイルシステムで
0 dumpはしないで
1 fsckはする

状態でマウントする、となります。

現在はUUID指定が主流のようなので長ったらしいですが、別にデバイス名で問題ないです。
UUIDを知るためには

$ sudo blkid
/dev/sda1: UUID="dad0132e-d49e-4e40-90cb-562d7192e07a" TYPE="ext4"

とします。こんな感じにデバイス名:UUIDで表示されます。
一般的な書き方は

/dev/sdb1 /media/test ext4 rw 0 0


ですね。簡単な書き方は次の項目で説明します。

オプションの意味は以下。


マウントオプション
マウント時のオプションを指定します。
asyncファイルシステムへの I/O が非同期で行われます
atimeアクセス毎に inode のアクセスタイムをアップデートします。
automount コマンドの -a オプションでマウントされるようにします。
codepage文字コードの指定
defaultsデフォルトのオプション(rw, suid, dev, exec, auto, nouser, async)を有効にします。
devファイルシステム上のデバイスを利用できるようにします。
execバイナリの実行を許可します。
gidマウントするグロープIDを指定
iocharsetマウントするシステムの文字コード
noatimeアクセス毎にinodeのアクセスタイムをアップデートしません。
noautoコマンドで明示的にmountコマンドを実行された場合にのみマウントされます。
nodevファイルシステム上のデバイスを利用できないようにします。
noexecファイルシステム上でのバイナリファイルの実行を無効にします。
nosuidSUID や SGID を無効にします。
nouserroot以外マウントできないようにします。
roリードオンリーでファイルシステムをマウントします。
rw読み込み・書き込みができる状態でファイルシステムをマウントします。
suidSUID および SGID を有効にします。
syncファイルシステムへのI/Oを同期で行います。
user一般ユーザでもファイルシステムをマウントできるようにします。
uidマウントするユーザIDを指定


dumpオプション
dumpの要否を指定します。
0はdump不要、1はdump必要です。

fsckオプション
OS起動時に、fsckによるファイルシステムチェックの要否を指定します。
0はチュック無し、1は / 専用でチェック有り、2はチェック有り


◆簡単なやり方
まず自動マウントしたいデバイスをマウントコマンドでマウントします。

$ sudo mount /dev/sdb1 /media/test

次に /etc/mtab/ を見ます。

$ cat /etc/mtab/
・・・
/dev/sdb1 /media/test ext4 rw 0 0


この書式をコピーして/etc/fstab に貼り付ければOKです。再起動すれば先程手動でマウントしたものが自動的にマウントされるようになります。


◆mtab と fstab の違いってなーに?

mtab :現在マウントされているデバイスの一覧
fstab:デフォルトでマウントされるデバイスを記述。つまり起動時のマウントデバイス


です。


ソース:
fstabの設定
Ubuntu 11.04 で NTFSパーティションを起動時に自動マウント
mtab fstab 違い

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

プロフィール

Cicatrice

Author:Cicatrice
備忘録

検索フォーム

カテゴリ

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。