Carpe Diem

  Top > スポンサー広告> PT3 > EDCB(EpgDataCap_Bon)で録画  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDCB(EpgDataCap_Bon)で録画

2012 - 11/08 [Thu] - 11:02

今回は録画です。録画までできたらほぼPT3の一般的な使い方はマスターといえると思います。

今回は EpgDataCap_Bon というツールを使用します。他にもTVRockなどがありますが、こちらの方が番組表やチャンネル取得の点で大きく上回っているようですので。

また今回も「どこでスクランブルを解除するか」によって設定の仕方が異なります。
以下の図の通りです。

①EpgDataCap_Bon ではスクランブル解除せずに保存。再生するときにソフトで解除

edcb01.png


②EpgDataCap_Bon でスクランブル解除して保存。TSファイルに対応しているソフトならどれでも再生可能

edcb02.png


③Spinel で配信、それを EpgDataCap_Bon でスクランブル解除し保存。同じくTSファイルに対応しているソフトなら再生可能

edcb03.png


④Spinel で予め解除し、それを EpgDataCap_Bon で保存。同じくTSファイルに対応しているソフトなら再生可能

edcb04.png


まぁよくある手法はこの4通りです。4通りといってもほとんど変更点はなく、

①は TVTest に「softCAS」
②〜④は解除したいツールのフォルダに「B25Decoder.dll」「softCAS」

置けばOKです。(Spinelは前回の設定ファイルを編集する必要あり)

なので今回は③のやり方で説明します。

また簡単のため「Spinel でTV配信サーバーの構築」をすでに設定した状態と仮定します。その時の設定ファイルをいくつか使用するためです。


◆必要なもの
・EpgDataCap_Bon(人柱版10.66)
  ・・・ 録画ツール。このバージョンではスクランブル解除対応
・Spinel_ver3.6.1.1
  ・・・ 配信サーバーを構築できる
・TVTest_0.7.23 x86
  ・・・ テレビを視聴するためのソフト
・BonDriver_PT3-ST(お試し人柱版4)
  ・・・ チューナーを各種ツールで使用するためのドライバ。PT3とSpinel間で使用
・BonDriver_Spinel_ver3.5.3.0
  ・・・ チューナーを各種ツールで使用するためのドライバ。SpinelとTVTest間で使用
・softCAS(winscard.dll)
  ・・・ B-CASを不要にするDLL
・B25Decoder.dll
  ・・・ スクランブルを解除するためのツール。B-CAS or SoftCASを鍵にしてスクランブルを解除



◆ランタイムのインストール
.NetFramework4.0とVC++2010のランタイムが必要です。
Microsoft .NET Framework 4 (スタンドアロンのインストーラー)
Microsoft Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージ (x86)
Microsoft Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージ (x64)


◆設定
① EpgDataCap_Bon(人柱版10.66)をダウンロードして解凍し、x86フォルダをC:\TVにコピーします。(C:\TV\EDCB)・・・解凍すると出来るフォルダはx86ですがEDCBに名称変更しています。

② Spinelで設定した以下の全てのファイルをC:\TV\EDCB\BonDriverにコピーします。

  BonDriver_Spinel_PT-S0.dll
  BonDriver_Spinel_PT-S1.dll
  BonDriver_Spinel_PT-T0.dll
  BonDriver_Spinel_PT-T1.dll
  BonDriver_Spinel_PT-S0.dll.ini
  BonDriver_Spinel_PT-S1.dll.ini
  BonDriver_Spinel_PT-T0.dll.ini
  BonDriver_Spinel_PT-T1.dll.ini


③ スクランブル解除のため、C:\TV\EDBCB25Decoder.dll、softCas(winscard.dll)をコピーします。これらを入れておくだけで自動でスクランブル解除してくれます。

④ まずSpinel を起動し、そのあとで EpgDataCap_Bon.exeを起動し、BonDriverを選択してチャンネルスキャンを行います。

選択するBonDriverはBonDriver_PT3-S0.dll、BonDriver_PT3-S1.dll、BonDriver_PT3-T0.dll、BonDriver_PT3-T1.dllあるの で、BonDriverを選択し直してチャンネルスキャンを繰り返します。・・・かなり時間が掛かります。

edcb05.jpg

※ この画面でEPG取得できますが、複数チューナーで1度に取得できないのでここでは行いません。・・・すごく時間がかかる。


⑤ このようなエラーが出てもOKボタンを押して無視します。単にサービスがかぶっているだけです。あとで自分で修正します。

edcb06.jpg


⑥ 「設定」→「基本設定」タブで「設定関係保存フォルダ」と「録画保存フォルダ」を指定します。
edcb07.jpg

⑦ 「EPG取得設定」タブで取得するチャンネルを精査します。視聴しないチャンネルのチェックを外します。
edcb08.jpg

⑧ 「設定」→「基本設定」→「サービス表示設定」タブで取得するサービスを精査します。かぶっているサービスを自分で修正します。BonDriverを変更して表示サービスを精査します。

edcb09.jpg


⑨ EpgDataCap_Bon.exeを終了します。


⑩ EpgTimer.exeを起動し、「設定」→「基本設定」→「保存フォルダ」タブで録画保存フォルダを指定します。


⑪ 「設定」→「基本設定」→「チューナー」タブでBonDriver_PT3-S0.dll、BonDriver_PT3-S1.dll、BonDriver_PT3-T0.dllとBonDriver_PT3-T1.dllで使用するチューナー数をそれぞれ「1」として設定します。

edcb10.jpg


⑫ 「設定」→「基本設定」→「EPG取得」タブで基本情報のみ取得するネットワークにBS、CS1、CS2がチェックされていることを確認し、EPG取得サービスの内容を確認します。

※ EPG取得時間は録画サーバなら録画頻度の少ない時間、そうでなければパソコンの電源が入っている頻度の高い時間を登録すると良いと思います。

edcb11.jpg


⑬ 「動作設定」→「録画動作」タブで録画後動作に「何もしない」を選択します。
録画サーバーなら「スタンバイ」が良いと思いますが、使用目的によって変更してください。
OKボタンを選択し、終了ボタンを押してEpgTimer.exeを終了します。

edcb12.jpg


⑭ 再度EpgTimer.exeを起動し、画面上部のEPG取得ボタンを押してEPGデータを取得します。
※先ほどの自動でのEPG取得の時間とかぶっていると、うまく取得できない場合があります。

⑮ 「番組表」→「BS」→「CS」→「地デジ」タブを切り替えて内容を確認します。以下の画像のように取得できるはずです。
edcb13.jpg


⑯ EpgTimer.exeを終了します。

⑰ EpgTimer.exeを起動して、番組名をダブルクリック or 右クリック予約で番組が予約できることを確認します。


ちなみにTVTestでTSファイルを再生する場合は別途プラグインが必要です。それに関してはまた次回説明します。


ソース:
秋の夜長はPT3のセットアップ PT3 + softCas + TVtest + spinel + EDCB
PT2 で TV 鯖と TV 倉を構築する
PT3環境の覚え書き その2
ほぼ最強かなぁという MPEG2-TS 再生ソフト TVTest の設定メモ
Windows Vista / 7 のファイル関連付け問題の対処方法

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

プロフィール

Cicatrice

Author:Cicatrice
備忘録

検索フォーム

カテゴリ

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。