Carpe Diem

  Top > スポンサー広告> Webサーバ > Basic認証  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Basic認証

2011 - 05/14 [Sat] - 19:52

Webサイトにパスワード認証を設定します。

◆パスワードファイルの作成
例として
パスワードファイル名:server.passwd
ユーザ名:server
パスワード:yyyy

とします。

$ cd /etc/apache2
$ sudo htpasswd -c server.passwd server

New password: yyyy
Re-type new password: yyyy
Adding password for user server


今回初めて作成するので「-c」というcreateオプションをつけました。このパスワードファイルに新たにユーザを追加するときは

$ sudo htpasswd server.passwd newuser

でOKです。また以下の所有者・パーミッション変更はやらなくても動きますが、セキュリティ上設定したほうがいいです。www-dataというのはApacheを動かしているユーザで、以下の設定はroot とwww-data の人しかファイルを読み書き出来なくしています。

$ sudo chown www-data:www-data ./server.passwd
$ sudo chmod 600 ./server.passwd


◆Apacheのディレクティブ設定の編集
$ sudo emacs -nw /etc/apache2/sites-available/default
以下のように追記します。

        <Directory /var/www/>
                Options Indexes FollowSymLinks MultiViews ExecCGI
                AllowOverride None
                Order allow,deny
                allow from all
                #Basic認証
                AuthType Basic
                #好きな名前に
                AuthName "Server"
                #パスワードファイルを作成した場所
                AuthUserFile /etc/apache2/server.passwd

                #パスワード入力した人だけ許可
                Require valid-user
        </Directory>



設定したらApacheを再起動します。

$ sudo service apache2 restart


これで

http://localhost

にアクセスするとパスワードを訊かれるようになります。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

プロフィール

Cicatrice

Author:Cicatrice
備忘録

検索フォーム

カテゴリ

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。