Carpe Diem

  Top > スポンサー広告> Webサーバ > バーチャルホストの設定 その1  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーチャルホストの設定 その1

2012 - 06/04 [Mon] - 16:42

サブドメインだったり、複数のドメインを使用したい場合に使います。デフォルトのapacheの設定もバーチャルホストになっています。ただ複数使用する場合はDNSの設定が必要になるので注意。

今回はDNSの設定はせず、/etc/hosts ファイルを編集してテストしてみます。別ドメインのサイトのアドレスを

www.virtual.com

とします。

またWebページのホームを/home/web/public_html とします。

◆Apacheで別ドメインサイトの作成
$ sudo emacs -nw /etc/apache2/sites-available/virtual.host

<Virtualhost *:80>
    ServerName www.virtual.com
    ServerAdmin webmaster@virtual.com
    DocumentRoot /home/web/public_html
    ErrorLog /var/log/apache2/virtual.com.error.log
    CustomLog /var/log/apache2/virtual.com.access.log combined
    LogLevel warn
</Virtualhost>


※サイトによっては「NameVirtualHost *:80」の記述がありますが、新しいバージョンのapacheでは既に/etc/apache2/ports.conf に「NameVirtualHost *:80」が記載されているので必要無いです。書くとリロード時に

NameVirtualHost *:80 has no VirtualHosts

というWarningが出ます。
設定したら有効化してApacheをリロード。

$ sudo a2ensite virtual.host
$ sudo /etc/init.d/apache2 reload




◆テストページ作成
$ cd /home/web/public_html
$ emacs -nw index.php


<html>
<body>
<div style="width: 100%; font-size: 40px; font-weight: bold; text-align:center;">
Virtual Host Test Page<br />
<?php
print Date("Y/m/d");

?>
</div>
</body>
</html>



◆DNSの代わりに/etc/hosts を変更
$ sudo emacs -nw /etc/hosts
# 以下を追記
127.0.0.1   www.virtual.com



◆確認

http://www.virtual.com

にアクセスします。これでテストページが表示されればOK。


ソース:
バーチャルホストの設定
名前ベースの仮想ホスト
Apahce2でネームベースのバーチャルホストをする

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

プロフィール

Cicatrice

Author:Cicatrice
備忘録

検索フォーム

カテゴリ

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。