Carpe Diem

  Top > スポンサー広告> Ubuntu > wineを使ってWindowsのソフトを動かす  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

wineを使ってWindowsのソフトを動かす

2012 - 01/17 [Tue] - 09:21

wineでエミュレートしてwinのソフトが使用できることは知っていましたが、実際に使う機会が無かったので一度学んでおこうと。
まずは最新版をインストールするためにレポジトリの登録をします。

$ sudo add-apt-repository ppa:ubuntu-wine/ppa
$ sudo aptitude update

何があるか確認する。

$ aptitude search wine

するとwine1.3が最新だと分かるので、それをインストールします。

$ sudo aptitude install wine1.3

インストール後、GUIメニューから設定をしていきます。とりあえずフォントだけ導入しましょう。ないと文字化けが起きやすくなるので。
winetricksという項目があるのでそれをクリック

Select the default wineprefix

Install a font

corefont と takao を選択してインストール


◆インストールやソフトの実行
設定が済んだら実際に動かしてみます。Vectorで何かソフトを落としてみてください。
これはzipファイルとかで配布されている直接.exeを実行する場合でも、インストーラ形式でインストールし、ショートカットなどから実行する場合のどちらでも使用できます。

おそらくwineをインストールした時点で.exeファイルに関連付がされていると思うので、ダブルクリックすれば勝手に処理してくれると思います。
そうでない場合は右クリックから使用するアプリケーションをwineで指定して動かしてください。


◆ソフトのアンインストール

アンインストールはGUIメニューのUninstall Wine
Softwareを実行すれば、Windowsでいうプログラムの追加・削除みたいなウィンドウが出てくるので、そこで選択し削除します。

ソース:
MarverickにもWineのPPA追加してWine1.3に
WineでTeraPadを動かしてみた
Wine上の吉里吉里1/KAG2と吉里吉里2/KAG3製のノベル系作品の動作について

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

プロフィール

Cicatrice

Author:Cicatrice
備忘録

検索フォーム

カテゴリ

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。