Carpe Diem

  Top > スポンサー広告> Ubuntu > SSH接続が途切れてしまうときの対策  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SSH接続が途切れてしまうときの対策

2011 - 12/31 [Sat] - 21:00

実家にパソコンを持っていってSSHでサーバの設定をしようと思っていたら、少し動かすのを止めていただけで接続が勝手に切れてしまう状態に陥りました。
どうやらルータの設定によってそのような状態になるらしく、勝手に接続を切断しないようクライアント側の無操作時に定期的にパケットを送る設定をする必要があります。

一般的な設定の場合は
$ sudo emacs -nw /etc/ssh/ssh_config
設定の末尾に以下の1行を加えます。

ProtocolKeepAlives 60

これで60秒ごとに「生きてるよ~」的なパケットを送ることで勝手に接続が切れることを防げます。

各アカウントごとに設定する場合は、そのアカウントの.sshフォルダにて新しくconfigファイルを作成します。

$ emacs -nw ~/.ssh/config

Host *
ProtocolKeepAlives 60



またこれはUbuntuなどDebien系の設定ですが、WindowsでPuTTYなどのSSHクライアントを使用する場合は、設定の中に「KeepAlive」など書いてある部分があるので、そこを設定すれば同じように接続を継続してくれます。


ソース
sshで他のマシンに入った際に、一定時間でlogoutする問題
SSH接続がすぐに切れてしまう

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

プロフィール

Cicatrice

Author:Cicatrice
備忘録

検索フォーム

カテゴリ

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。