Carpe Diem

  Top > スポンサー広告> Mailサーバ > メールサーバの設定【クライアントソフトを用いた送受信】  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メールサーバの設定【クライアントソフトを用いた送受信】

2011 - 11/30 [Wed] - 05:18

dovecotというツールを使ってメールクライアントに対応させます。これはPOP3やIMAPに対応しています。
とりあえずインストール

$ sudo aptitude install dovecot-common dovecot-pop3d dovecot-imapd

インストールが完了したら設定ファイルを編集します。

# emacs -nw /etc/dovecot/dovecot.conf

# 53行目:コメント解除し変更 (平文パスワードも許可)
disable_plaintext_auth = no

# 95行目:コメント解除し変更 (SSLなし)
ssl = no

# 230行目:コメント解除して追記
mail_location = maildir:~/Maildir

# 893行目:追記
mechanisms = plain login

# 1120行目:以下のように変更
socket listen { # コメント解除
#master {
# Master socket provides access to userdb information. It's typically
# used to give Dovecot's local delivery agent access to userdb so it
# can find mailbox locations.
#path = /var/run/dovecot/auth-master
#mode = 0600
# Default user/group is the one who started dovecot-auth (root)
#user =
#group =
#}

client { # コメント解除
# The client socket is generally safe to export to everyone. Typical use
# is to export it to your SMTP server so it can do SMTP AUTH lookups
# using it.
path = /var/spool/postfix/private/auth-client # コメント解除し変更
mode = 0660 # コメント解除
user = postfix # 追記
group = postfix # 追記
} # コメント解除
} # コメント解除

再起動します。
# service dovecot restart


◆メールクライアント設定
クライアントのGUIの設定にそっていけば大抵大丈夫です。注意なのは認証方式をPostfixで記述した中のものにすること暗いでしょうか。
ただPostfixやSASLの設定がちゃんと出来ていないと認証エラーが返ってくるので、mail.logを確認しながら設定を見直してみましょう。

ひとつ不思議なのは受信メールサーバや送信メールサーバのアドレスがホスト名(mail.server.com)ではなかった点。単純にドメイン(server.com)でした。これは何か設定がおかしいのだろうか。色々と検証が必要ですね。


◆本当に認証できているか確認
LOGINやPLAINの場合には、Base64のエンコードで認証まで確認できるのでやってみます。まずは、PLAINの場合です。認証に使用するユーザを「user001」、パスワードを「hoge」とすると認証に必要な情報は、以下のコマンドで変換できます。途中で入る0に注意してください。

# perl -MMIME::Base64 -e 'print encode_base64("user001\0user001\0hoge");'
dXNlcjAwMQB1c2VyMDAxAGhvZ2U=

# telnet localhost 25
Trying 127.0.0.1...
Connected to localhost.localdomain.
Escape character is '^]'.
220 mail.local-debian.jp ESMTP Postfix (Debian/GNU)
EHLO local
250-mail.local-debian.jp
250-PIPELINING
250-SIZE 10240000
250-VRFY
250-ETRN
250-AUTH LOGIN PLAIN
250-ENHANCEDSTATUSCODES
250-8BITMIME
250 DSN
AUTH PLAIN dXNlcjAwMQB1c2VyMDAxAGhvZ2U=
235 2.7.0 Authentication successful
QUIT
221 2.0.0 Bye
Connection closed by foreign host.


太字の部分が入力する内容です。「AUTH PLAIN」の後ろにエンコードした情報を付けて入力します。

# perl -MMIME::Base64 -e 'print encode_base64("user001");'

dXNlcjAwMQ==

# perl -MMIME::Base64 -e 'print encode_base64("hoge");'
aG9nZQ==

これらの情報を使ってログインします。

# telnet localhost 25

Trying 127.0.0.1...
Connected to localhost.localdomain.
Escape character is '^]'.
220 mail.local-debian.jp ESMTP Postfix (Debian/GNU)
EHLO local
250-mail.local-debian.jp
250-PIPELINING
250-SIZE 10240000
250-VRFY
250-ETRN
250-AUTH LOGIN PLAIN
250-ENHANCEDSTATUSCODES
250-8BITMIME
250 DSN
AUTH LOGIN
334 VXNlcm5hbWU6
dXNlcjAwMQ==
334 UGFzc3dvcmQ6
aG9nZQ==
235 2.7.0 Authentication successful
QUIT
221 2.0.0 Bye
Connection closed by foreign host.


設定が正しければこれで認証できます。


ソース:
Dovecot インストール/設定
PostfixでSMTP-AUTHを実装する方法(SASL編)

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

プロフィール

Cicatrice

Author:Cicatrice
備忘録

検索フォーム

カテゴリ

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。