Carpe Diem

  Top > スポンサー広告> Samba > Sambaの設定  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sambaの設定

2011 - 05/08 [Sun] - 21:39

ようやくSambaでフォルダ共有ができたのでやり方まとめ。

VPN接続で共有してるのでパス無しフルアクセスフォルダです。

まずは共有フォルダ作成
$ mkdir /home/ユーザ名/share

権限の変更
$ chmod 777 /home/ユーザ名/share


次にSambaの設定をします。

$ sudo emacs -nw /etc/samba/smb.conf

# 34行目:以下2行追記
unix charset = UTF-8
dos charset = CP932



# 71行目:コメント解除
bind interfaces only = yes


# 103行目:コメント解除し変更
security =share



# 最終行に以下7行追記

[Share]   # テキトーに好きな名前指定
path = /home/ユーザ名/share   # 共有フォルダ指定
writable = yes   # 書き込みOK
guest ok = yes   # ゲストユーザーOK
guest only = yes   # 全てゲストとして扱う
create mode = 0777   # フルアクセスでファイル作成
directory mode = 0777   # フルアクセスでフォルダ作成
share modes =
yes   # 複数人が同一ファイルに同時アクセス時に警告

で、終わったらSambaを再起動して上の変更を有効化

$ sudo service smbd restart
smbd start/running, process 3541


Windowsから見た場合、勝手にマイネットワークにアイコンが出来てます。

Ubuntuからアクセスして、Sambaフォルダをマウントしたい場合はエクスプローラで

smb://(サーバのプライベートアドレス)/


と打ち込めばマウントしてくれます。もちろんVPN接続の場合です。
あと追加情報として、VPNの設定でやや手間な面があったのでそれを追記してます↓

VPN接続までの流れ


ファイアーウォール等の設定はまたこれからやっていきます。
Sambaのpathが違うことに気づかなくて色々設定いじった際、一度経験したので多分こっちはスムーズにいくはず。

あとはアクセス権つきにして友人にも公開出来るようにすれば終わりかな。


追記:
Sambaで使用するポートは以下
udp の 137,138
tcp の 139 です。

ufwでそのポートを開放。またはiptablesでINPUTに。

iptables -A INPUT -i eth0 -s 192.168.1.0/24 -d 192.168.1.0/24 -p udp --dport 137:138 -j ACCEPT
iptables -A INPUT -i eth0 -s 192.168.1.0/24 -d 192.168.1.0/24 -p tcp --dport 139 -j ACCEPT



追記2:
◆シンボリックリンクのフォルダを使用可能に

デフォルトだとセキュリティの関係で見れなくなっているらしいです。なので設定を少し編集

$ sudo emacs -nw /etc/samba/smb.conf
[global] の部分に以下を追記

[global]
unix extensions = no
wide links = yes


ソース:
フルアクセスの共有フォルダ作成
Sambaのアクセスできないフォルダへの対処法。(Symbolic link問題、Samba脆弱性対策)

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://christina04.blog.fc2.com/tb.php/11-fffaeb7e

 | ホーム | 

プロフィール

Cicatrice

Author:Cicatrice
備忘録

検索フォーム

カテゴリ

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。