Carpe Diem

  Top > 2012年10月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

B-CASの改造やsoftCASによる視聴は違法か

2012 - 10/29 [Mon] - 15:49

PT3を使用する上で少し前に話題になったことについて自分なりのまとめを。各項目、刑事罰→民事訴訟の順で説明。

◆B-CASの改造について
・刑事罰として改造行為に対し電磁的記録不正作出で起訴される可能性がある。平成の龍馬事件はこの容疑で逮捕。しかし不正な利益を得ようとしない限り、リバースエンジニアリング(改造・解析行為)自体はセーフ。が、事件の推移見るに無理やり自供させられてるのでアウト

・民事として、B-CASカードはB-CAS社に所有権があり、それを改造する行為は器物破損にあたり損害賠償の対象となる。しかしB-CAS社の所有権主張は「シュリンクラップ契約」によるものであり、この契約は明確な答えがないためユーザーに所有権があるという主張もでき、その場合民事では起訴できない。判例待ち。

◆「B-CASの改造やsoftCASによる視聴は違法か」の続きを読む◆
スポンサーサイト

 | ホーム |  »

プロフィール

Cicatrice

Author:Cicatrice
備忘録

検索フォーム

カテゴリ

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。