Carpe Diem

  Top > 高信頼性システム  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DRBD でストレージ冗長化

2014 - 03/12 [Wed] - 23:28

DRBD を用いてネットワークディスクミラーリングを構築します。
NIC が1つでも構築できますが、冗長化目的なので通常サービス用の NIC とは別で NIC を用意して同期させます。

今回用いる環境は
○PC1 - CentOS6.4
hostname: drbd01
eth0: 192.168.1.1 // サービス用
eth1: 192.168.11.1 // ミラーリング用
/dev/sda // システム
/dev/sdb // 同期するストレージ

○PC2 - CentOS6.4
hostname: drbd02
eth0: 192.168.1.2 // サービス用
eth1: 192.168.11.2 // ミラーリング用
/dev/sda // システム
/dev/sdb // 同期するストレージ

です。IPの固定化は「CentOS6 の設定 その2(ネットワーク)」を参考にして下さい。

◆「DRBD でストレージ冗長化」の続きを読む◆
スポンサーサイト

 | ホーム | 

プロフィール

Cicatrice

Author:Cicatrice
備忘録

検索フォーム

カテゴリ

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。