Carpe Diem

  Top > Chef  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Knife solo を使う(Berksfileあり)

2014 - 06/19 [Thu] - 20:21

前回の「Knife Solo を使う」ではcookbookを自分で集めましたが、今回はBerkshelfを利用します。
何が良いのかというと cookbook の依存関係まで解決して、必要なcookbookを集めてくれるところです。

◆Berkshelfのインストール
コマンドラインから以下のコマンドを実行します。

$ gem install berkshelf

確認
$ berks -v
3.1.3

現在は3.1.3がインストールされます。ちなみに2系と3系ではコマンドの使い方が異なるので、注意が必要です。今回はバージョン3を使います。

◆「Knife solo を使う(Berksfileあり)」の続きを読む◆
スポンサーサイト

Knife Solo を使う

2014 - 01/31 [Fri] - 22:33

Chefをもっと詳しく」でおすすめした"knife solo”を使った方法です。

rubyも入ってない素のOSからスタートしても実装できます。今回は対象サーバに Apache をインストールさせてみましょう。

◆作業用PCにKnife Soloをインストールする
Chefのインストール


# curl -L https://www.opscode.com/chef/install.sh | bash

これだけで最新版のChefが入ります。ディストリビューションもスクリプトが自動で判断してくれます。便利!

Knife Soloのインストール

# /opt/chef/embedded/bin/gem install knife-solo --no-ri --no-rdoc

これで完了です。

◆「Knife Solo を使う」の続きを読む◆

Chefをもっと詳しく

2014 - 01/29 [Wed] - 23:35

前回の「Chefを使ってみる」のもう一歩踏み込んだ内容です。

Chefと一言で言っても現在は以下の3つがよく検索に引っかかります。
・Chef Server
・Chef Solo
・Knife Solo

それぞれ使い方が異なるのに一緒くたに説明されてるので、そのせいで変にChefの敷居が高くなっています。
今回はその説明をします。

◆「Chefをもっと詳しく」の続きを読む◆

Chefを使ってみる

2013 - 09/26 [Thu] - 09:14

Chefは環境構築の自動化ツールです。
Chefサーバーさえ作っておけば以下のメリットがあります。

①欲しい環境(apache, MySQLなどなど)を自動で一気に導入できる。
②設定ファイルもあらかじめ設定して置ける。インストールした時点で設定済みになる。
③既に多くのcookbookがあるので、自分で環境(apache, MySQLなど)のスクリプトを書く必要がない。


◆「Chefを使ってみる」の続きを読む◆

 | ホーム | 

プロフィール

Cicatrice

Author:Cicatrice
備忘録

検索フォーム

カテゴリ

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。