Carpe Diem

  Top > 仮想化  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vagrant で複数VMを一度に立ち上げる

2014 - 08/26 [Tue] - 09:02

ロードバランサの検証だったりレプリケーションの検証をするときに複数のVMを立ち上げる必要がありますが、それぞれ別々に作って起動するのは面倒ですよね。
Vagrant だと設定ファイルを編集すれば一度にできてしまうのでご紹介します。

まずは「Vagrant を使う」をみてvagrantを導入してください。

◆複数起動するための最低限の設定例
Vagrantfile を編集します。
最後の方に各VM毎の設定を追記します。

VAGRANTFILE_API_VERSION = "2"

Vagrant.configure(VAGRANTFILE_API_VERSION) do |config|

# 色々コメントたくさん〜

config.vm.define :web1 do |web|
end

config.vm.define :web2 do |web|
end
end

◆「Vagrant で複数VMを一度に立ち上げる」の続きを読む◆
スポンサーサイト

Vagrant を使う

2013 - 12/23 [Mon] - 00:32

簡単に仮想環境を構築できる Vagrant を使ってみます。
使ってみた感想としては、Chefなどの環境構築ツールとかとは相性が抜群ですね。サンドボックス環境で何度でもやり直せるので間違えてもすぐに元に戻せます。

ちなみに Vagrant は VirtualBox が必須です。あと64bit環境を使う場合は BIOS で Intel-VT が Enabled になってないと怒られると思います。

では以下手順

◆「Vagrant を使う」の続きを読む◆

NAT環境で外部PCからゲストOSへアクセス

2012 - 12/05 [Wed] - 12:12

NATはホストのIPを共有するため

1_NAT-Access.png

という接続で仮想ネットワークから外へはアクセスできますが、外からは基本的にはアクセスできません。しかしポートフォワードすることでホストOS以外の外部PCからも接続することが可能です。イメージ的にはホストがルータの役割になります。

◆「NAT環境で外部PCからゲストOSへアクセス」の続きを読む◆

CentOSのVMデータをコピーした際のネットワーク設定

2012 - 08/22 [Wed] - 14:32

VMWareで作成した CentOS のイメージをコピーして使おうとするとネットワークが lo だけになりネットワークにアクセスできなくなります。

これはコピー時にMACアドレスが変更されたことが原因です。
(「コピー」でなく、「移動」を選択すると、MACアドレスは変更されないので問題なく使えます)

今回はその対処法です。

◆「CentOSのVMデータをコピーした際のネットワーク設定」の続きを読む◆

VMWareのネットワーク

2012 - 07/12 [Thu] - 15:07

仮想化には

・ホスト上で仮想化層を作りゲストOSを入れる
・ハードウェア上でハイパーバイザを作りゲストOSを入れる

のおおまかに2つあります。VMWareは前者、KVMは後者です。今回はVMWareについて

◆「VMWareのネットワーク」の続きを読む◆

 | ホーム | 

プロフィール

Cicatrice

Author:Cicatrice
備忘録

検索フォーム

カテゴリ

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。