Carpe Diem

  Top > Git  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Git】覚えておくと便利なコマンド

2014 - 06/09 [Mon] - 09:55

コマンドラインで使っていてなにげによく使う&知ってると近道なコマンドをまとめてみました。

◆addしたファイルを取り消す


git reset HEAD ファイル名


◆更新した作業ツリーのファイルを元に戻す

git checkout ファイル名

◆「【Git】覚えておくと便利なコマンド」の続きを読む◆
スポンサーサイト

.gitignore を使って不要なファイルを無視

2013 - 05/28 [Tue] - 09:04

Gitを使用していて、無駄なファイルなのについつい add してコミットしてしまう……といったことはよくあると思います。
そこでそのファイルを無視する設定にすることで、管理しやすくしてくれるのが .gitignore ファイルです。

やり方は簡単、まずは既に add してしまったファイルをインデックスから外します。今回
a : 必要なファイル
b : 不要なファイル


として、


$ git rm --cached b

◆「.gitignore を使って不要なファイルを無視」の続きを読む◆

ネットワーク越しでリポジトリの登録

2012 - 07/17 [Tue] - 21:31

前回の補足のようなものです。Gitには複数のリポジトリURLを利用できます。

Gitで利用できるリポジトリURL
プロトコル 指定方法
rsync rsync://<ホスト名>/<Gitリポジトリのパス>
HTTP http://<ホスト名>[:ポート番号]/<Gitリポジトリのパス>
HTTPS https://<ホスト名>[:ポート番号]/<Gitリポジトリのパス>
git git://<ホスト名>[:ポート番号]/<Gitリポジトリのパス>
SSH ssh://[ユーザー名@]<ホスト名>[:ポート番号]/<Gitリポジトリのパス>
ローカルファイル <Gitリポジトリのパス>もしくはfile://<Gitリポジトリのパス>

◆「ネットワーク越しでリポジトリの登録」の続きを読む◆

Gitでローカル、共有リポジトリを作成

2012 - 07/17 [Tue] - 19:24

前回の続きです。
Gitの注意としては、分散型であるためにリポジトリがローカルと共有の2つがあるところです。今回は

①ローカルにリポジトリを作成&簡単な使い方
②共有リポジトリ(remote)を作成
③ローカルのデータお共有リポジトリに転送(push)

の流れ説明します。

◆「Gitでローカル、共有リポジトリを作成」の続きを読む◆

Gitの解説、導入

2012 - 04/23 [Mon] - 17:21

gitはバージョン管理システムのひとつです。Subversionとの違いは「集中型」か「分散型」かです。

・Subversion
集中型バージョン管理システム。1つのプロジェクトにつきリポジトリは1つで、コミッターはファイルを編集したらその共用リポジトリへとコミットする。

・Git
分散型バージョン管理システム。共用リポジトリは同様にあるが、それをコミッターのローカルにコピーしたローカルリポジトリを持つ。コミッターは基本的にローカルリポジトリにコミットし、一区切りついた頃に共用リポジトリへ全体をコミットする。

◆「Gitの解説、導入」の続きを読む◆

 | ホーム | 

プロフィール

Cicatrice

Author:Cicatrice
備忘録

検索フォーム

カテゴリ

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。